年金や保険について

老後になったときの不安なことはお金と健康です。
やはり歳を重ねることで体の不調を感じることも多くなっています。
大きな病気をしないにせよ、多少の体調の変化は多くなってくるはずなんで、
そのときのためにも保険を準備しておくことが求められます。

 

大きな保険は不要

 

さすがに年齢的に大きな保険は不要です。
大きな生命保険金額を掛ける必要性がないんです。
すでに老後になったときには子供も成人しており、夫婦2人での生活だけになります。
毎月かかってくる生活費も抑えることができるし、年金だって受け取れる年齢が近くなります。

 

そのため保険に関しては生命保険はごく小さな金額でOKでしょう。
たとえば、老後なら死亡保険として300〜500万くらいの終身保険があれば十分と考えます。
この保険というのは自分の死後に家族へ渡す保険金となります。

 

 

あと、必要かもしれない感じるのは医療保険かな。
最近は医療の進歩も目覚しいため、治療してもすぐに退院することが多くなってるようです。
そのかわり治療の選択肢も増えていることもあり、お金と相談しながら治療していくことになります。
老後だと入院するリスクも高くなってくるため、医療保険には入っておくべきだと感じますね。

 

ただ、余計な保険に入ることは本当に無駄なので、医療保険に入るとしても必要最低限の保障にします。